交通事故による骨折・捻挫

このようなことでお悩みではありませんか?

捻挫イラスト

  • 交通事故で捻挫をしてしまった
  • 湿布と痛み止めで元通りに治るのか心配
  • 病院でレントゲンを撮り「異常なし」と言われたが痛みが治らない
  • 固定していたギプスは取れたが、違和感が残っている
  • 骨折した箇所の動きが以前と比べてスムーズに動かない

交通事故の骨折、捻挫はどうすればいい?

骨折・捻挫交通事故の怪我うち、腕や手首の怪我は2番目に多い負傷と言われています。

交通事故時、ハンドルを握っている手首を打ちつけたり、ダッシュボードやフロントガラスにぶつけた際、負傷してしまいます。

交通事故で捻挫をした場合は、治療期間、怪我の種類によっては病院より、整骨院で治療を受けた方が早期改善する場合があります。

また、骨折をしてしまった時には、骨が正常についたら治療終了、その後は痛み止めや湿布で済まされてしまう場合もあります。

この場合は、回復も遅れてしまい交通事故前の体に戻らず、後遺症で悩まされてしまいます。

日常生活を問題なく、交通事故に遭う前のように過ごすためには、十分な治療とリハビリを行うことが不可欠となります。

湿布や痛み止めだけで、本当に大丈夫?という方、治るか心配…という方は、是非一度、伊勢崎市にある当院にご相談下さい。

当院の交通事故での骨折、捻挫に対するアプローチ

交通事故の手や腕の骨折

捻挫イラスト交通事故で骨折をしてしまった場合、まずは病院へ運ばれます。

その際、怪我が重い状態の時は手術を行うことがありますが、レントゲン等で検査・確認をし、安静にしていれば骨が自然とくっついてくると診断された場合は、ギプスで負傷した患部の固定を行います。

一番最初に整骨院にお越しいただいても、骨折の治療を行うことはできるのですが、レントゲンやMRIといった精密検査は行えませんので、医療機関で骨に異常がないかを検査していただけたらと思います。

医療機関に通いながら、リハビリを中心とする治療を整骨院で受けることが可能です。

当院の交通事故のリハビリは、電気を当て患部を温めるだけではなく、運動療法を用いた治療を行い、怪我をしていた部位が完全に治った後、日常生活を問題なく過ごしていただけることを目的としております。

整形外科と整骨院を併院する目安

交通事故の不調から早期回復するためには、整形外科と整骨院の上手な通い方にカギがあります。

骨がつくまでは、整形外科・病院などの医療機関へ通って頂き、リハビリが必要になった段階で、整骨院へお越しください。

手・腕の捻挫に対する治療法

捻挫への施術当院では、交通事故での捻挫の治療を行っております。

交通事故で捻挫をしてしまい、医療機関に通ったけれど、骨に異常がない患者さんはあまり重視されず、靭帯が伸びたままの緩んだ状態のままになってしまう場合があります。

この状態を放っておくと、捻挫を繰り返してしまいやすい関節になってしまいます。

このように、日常生活に支障を出さないように、手術が不要な捻挫は、伊勢崎てらい整骨院にご来院いただくようにおすすめしています。

当院では、捻挫になってから炎症が出ている段階ではソフトな手技で痛みを取り、痛みが落ち着いてから後遺症を残さないために、更に深部の痛みの原因を取り除く治療を行っていきます。

当院は様々なケースに対応しており、患者様お一人お一人の、症状や状態に合わせた施術を行います。
痛みは一切ありませんのでご安心ください。

骨格を正しく整える「骨格・骨盤矯正」、筋肉を正す「筋・筋膜調整」、痛みを抑える即効性のある「トリガーポイントはり」など、患者様の怪我に応じた治療をご案内しております。

交通事故後の頭痛、吐き気を引き起こしている患者様のお悩みも解消できるように、心と体のケアを行います。

事故後、早期に治療を行うことで早期改善への近道になりますので、お早めに当院までご相談下さい。